もやゆる介護

認知症の母の介護についてのあれこれです
もやもやした気持ちのゆるい介護、かな。

このままで良いわけない

母との会話に疲れています。


「〇〇さんって、うどんやさんでしょ」
違うよ、民生委員さんでしょ。
「どこの人なの?」
貼ってある名刺に住所が書いてあるでしょ。
「どのへんなのかしら」
〇〇医院のそば、って言ってたよね。
「〇〇さんて、うどんやさん?」
以下5回以上繰り返し。
この手の会話が延々続き、
母は納得してくれません。
勿論、認知症の人との会話の鉄則?で、さりげなく違う話題にふっていきます。


庭の花がきれいに咲いてるね~
「そうなの、この前庭で転んだのよ」
危なかったね
「転んで眼鏡を落としたら、誰かが持ってちゃったのよ」
そうなの。
「この眼鏡じゃない方が、なくなっちゃったの」
その眼鏡もいいじゃない、良く似合っているよ。
「誰かが眼鏡を盗ったのよ」
…。
盗られたわけはないので、みんな庭をさがすことになるのですが、
そもそも転んだ翌日も失くしたという眼鏡をかけていたという
ヘルパーさんの話があるので、その眼鏡は別のところでなくしたのでしょう。


複数人数で会話していると、母はついてくることができません。
それが面白くないのか、トンチンカンな話をして、
とりあわないと機嫌が悪くなります…。


結局母宅訪問中、ずっと母に合わせて会話をしなくてはならないことに、
疲れてしまうのです。
母のために訪問しているのに…。
実際は片付けたい用事のために訪問しているからなのでしょう。
用事を片付けることが母のためなのですが。
この「疲れ」を何とかしないと、このままで良いわけない、
と思うのです。








解けた謎と解けない謎

母の話や、生活にはいつも謎がつきまといます。
家の中で現金がなくなる謎のように大問題もあれば、
民生委員さんをうどん屋さんだと思い込んでいるという
どうでもいいか(民生委員さんスイマセン)という謎もあります。


以前から冷蔵庫に母が飲まない飲み物が入っていることがありました。
母に聞くと
「誰かが勝手に入れて行った」と言います。
叔母か妹か叔父の誰かか…、と思っていたのですが。


機会があって叔母と妹に聞いてみると、
二人とも気になっていたけど、知らない、と言います。
防犯カメラを見ると、叔父たちの訪問はなく、
他に何かを持って母を訪問して、家に入った人もいません。


となると、母が自分で持ち込んでいるということになるのですが。
だいたい、同じ飲み物が2~3本づつ。
市販されているようなよくあるものではなく、
イメージとしてはおまけとかノベルティーでもらうような、
そんな感じの飲み物なのです。
これも目下のところ「解けない謎」です。


「解けた謎」は…。
民生委員さんが、近所のうどんやさんと同じ苗字なので、
母はうどんやさんだと思っている、ということでした。






出掛けるのよ

週四日、デイサービスに行っている母。
デイサービスがお気に入りで、それは助かっているのですが。


私が母宅に行くと
「あら~。久しぶり!」
「…先週も来たけど」
「あらそうおう?覚えてないわ。悪いけど私出かけるのよ」


まだ9時だというのに、すっかり用意を済ませています。
デイサービス用のカバンに、必要なものを入れて、
お出かけ用の服に着替えています。


勿論カバンの中には、下着が二組入っていたり、
30度を超える予報なのに、長袖二枚重ねだったり、なのですが。


「今日はね、デイサービスはお休みだよ」
「えーそうなの~?」
「ほら、カレンダー見て」
ヘルパーさんが、母のカレンダーに予定を書いていてくれるのです。


カレンダーを見て、その場は納得しますが、
まだ、少しすると
「私出かけるのよ」と言い出します。
母の中での予定の変更には、時間と手間がかかるようです…。