もやゆる介護

認知症の母の介護についてのあれこれです
もやもやした気持ちのゆるい介護、かな。

留守の間に

食卓の上に、箱に入ったお菓子が置いてあったので、
「誰かに頂いたの?」と尋ねると
「帰ってきたら置いてあったのよ」


家のカギは、母と叔父と私しか持っていません。
叔父にも同じ話をしているので、
母の在宅中に誰かが来て置いていったのだと思うのですが。


インターフォンの画像を見ても特定できず、
謎なままです。


母は用心深く、知っている人だから応対したのだと思うのですが、
誰だったかが思い出せないのではなく、
訪問自体を忘れてしまっています。


下さった方のわからないお菓子は、申し訳ないと思いつつも
食べずに処分しました。



風呂

母の家に泊まると、母が入浴していないことに気づきました。
いつも浴室がきれいで、使った形跡がないし、
私が泊まっている日に私が入浴しても、入ろうとしません。
「どうしてお風呂に入らないの?」
と聞くと
「溺れると困るから」


ケアマネさんによると、これも認知症の症状では?
ということでした。


デイサービスのお風呂はお気に入りで、
週3日通って、その度に入浴しています。
この暑い夏、本当は毎日入ってほしいけれど、
家のお風呂ではだめなようです。



携帯電話

2005年、私が1か月ほど入院しました。
その頃の母は68歳でしたが、
まだ仕事をしていて、入院中の私と携帯メールでやりとりをしていました。
「携帯メールがもっと使いやすい機種に買い替える」と言って、
新しい携帯に変えたら
「使い方がよくわからない」と
メールができなくなったことを覚えています。
その頃から認知症の兆しがあったのだなあ、と今は振り返って思います。


今は母は携帯電話を使うことはありません。
母の家に泊まると朝6時ごろ携帯の目覚ましがなっています。
母は何かなっている…ぐらいの感じで無視しています。


通帳の引き去りを見るたびに解約した方がいいかな、
と思いますが、
母の友人が電話してくることもあるかも、
と思うと、まだいいか、とも思います。