もやゆる介護

認知症の母の介護についてのあれこれです
もやもやした気持ちのゆるい介護、かな。

返信してよ

私には妹がいて、妹も私とほぼ同じような距離のところに住んでいるので、
遠距離介護で週一回母を訪ねてくれています。
妹が土曜日か日曜日、私が平日に行っています。


私と妹はなかなか会う機会がないので、
メールでやりとりをするのですが、ストレスを感じています。

私からすると、妹からの報告が少なくて、
連絡したことにも返信がないことが多いのです。
妹には妹の言い分があるのでしょう。


母の生活費とお財布の中のお金の残高がどのくらいだったか、
だけでもきちんと連絡してほしいと思っているのですが、
妹は自分の訪問後、進んで連絡をくれることは稀です。
問い合わせても、1日2日返信がなく、
催促してやっと返信がきたり、「確認を忘れた」というメールが来たりで、
私は内心「何をやっているんだ」とあきれています。
妹からあまりにも連絡がこないので、
私も最低限しかメールをしなくなりました。


今まで、それなりに仲良くしている姉妹だと思っていましたが、
母の介護を通じて、信頼感が薄れました。
せめてけんかはしないようにと私は我慢しています。






夜中の行動

母宅に泊まると、夜中の2時か3時ごろ、
母が起きだします。
トイレかな、と思うといつまでもがさがさと何かしている気配が続きます。


何をしているのか、そっと見てみると、
掃除でした。
シンクを洗ったり、洗った食器をしまったり、
夕食後の後片付けの残りをしているのでした。


その後、母はまた寝ているようです。
翌朝、
「夜中に片付けてたでしょ?」と聞いても
「夜中になんか起きないよ」と
勿論覚えていません。
夜中に目が覚めて、行動するのも認知症のせいでしょうか。
後片付けは良いですが、病気が進んで徘徊などになるのかと思うと、
ヒヤリとします。




一緒に行かないと

昨年、母は銀行で度々もめごとを起こしたようです。
通帳と印鑑を弟が盗んだと思いこみ、銀行の窓口でそのことを
延々と訴えたようです。
母は結婚前にこの銀行のこの支店に勤めていたこともあり、
言いたい放題言ってしまうのでしょう。
(もちろん認知症のせいです)


母の弟(私からみれば叔父)も長年おつきあいのある銀行で、
母が認知症であることを説明して、母が窓口で問題を起こしたら、
私に連絡が来ることになりました。


すぐに駆け付けられない(3時間半かかるので)ので、
携帯に電話が入ることを私は避けたいから、
母には
「銀行には一緒に行こうね」
「一人ではだめって銀行に言われてるのよ」
と何度も言ってあります。
生活費を下ろすために母と銀行に行くと、
何とも微妙な雰囲気を感じます。
私が気にしすぎ、なのでしょうか。